前へ
次へ

みそ汁を飲んで健康体を維持しよう

和食に欠かせないもののひとつにみそ汁があります。近年では、みそ汁の薬理的な作用について研究が進められるようになってきました。みそ汁で注目すべきは、みその原料である大豆です。非常に質の良い植物性タンパク質が豊富に含まれています。人間はさまざまな食べ物から動物性タンパク質と植物性タンパク質を摂取しています。ただ、現在では食が欧米化したことで、動物性タンパク質の比率が植物性タンパク質を上回ることが珍しくなくなってきました。動物性タンパク質を摂りすぎると、高血圧や高コレステロールのリスクが高まります。積極的にみそ汁を飲むことで、タンパク質のバランスが整い、高血圧が予防できるのです。胃腸の働きも活性化するので、一石二鳥以上の価値があると言えるでしょう。さらに、大豆にはイソフラボンもたっぷり含まれています。抗酸化作用が高く、動脈硬化や心筋梗塞などの原因になる、過酸化脂質ができないように働いてくれます。

Page Top